未分類

お気に入りのキッチングッズ

アメリカに来て言葉の壁だけでなく、地味にでも結構頻繁に出くわす「え~」って壁があります。

それは単位。

まず、天気予報を見ると日本で使われている摂氏(°C)がこちらでは華氏(°F)です。例えば気温25℃が華氏では77°Fということになります。天気予報だけでなく、オーブンの温度設定なども華氏(°F)なので「えっと200°Cって華氏で何度だっけ・・・」ということがよくあります。覚えれば良い話なのですが、そんな簡単には覚えれず毎回調べるのも面倒なので、よく使う温度はノートにメモしました。そしてこれもよくあるのが、液体物のミリリットル(ml)がアメリカだと、液量オンス(Fluid ounce)の表示になってます。「ounce」の略で「oz」という表示の方がよく見かけます。1オンス=約29.57mlだそうです。パンケーキミックスを買ってパンケーキを焼こうとすると水8オンスと書いてあり、日本式の計量カップしか持っていないと計算が面倒です。私は、ミリリットルとオンスの2つが載っている計量カップを持っているのでそれをフル活用しております。

そして先日アラモアナショッピングセンターの「ANTHOPOLOGIE(アンソポロジー)」で可愛くて、そしてこの単位の壁にも立ち向かえる新たなキッチングッズを手に入れました!

それがこちらです。

アメリカのレシピを見ていると、1Cupという表示を見かけます。日本では1カップ200mlですがアメリカ式では1Cup=約236mlなんですよね~。あたしこれを日本式でやって一回分量間違えたことあります。夫のキッチングッズにアメリカ式の計量カップがあるのですが、このアンソポロジーの計量カップは可愛い!計量カップとしてだけでなく切った野菜や調味料などを入れても良いし使い勝手良さそうだなと思い購入。結構この手の小さいカップって料理で使うんですよね。使わないときは重ねて収納できるのも良し。

1/4,1/3,1/2,1cupの4種類になります。こんな感じでそれぞれ絵柄が違って、ここまでですよって「Fill」の線もあるので分かりやすいです。

アンソポロジーには他にも可愛いキッチングッズが沢山あるので是非旅行で訪れた際には覗いてみることをオススメします。キッチングッズだけでなくお洋服や雑貨なども可愛いですよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *